共に学び 共に栄える

SHODA株式会社は木工機械の設計製作をメイン事業として創業。以来、独創的な技術力による数多くの特許製品などの開発を通して、産業界の発展に寄与してきた。特に1968年に二代目社長庄田功氏が日本で初めて開発したNCルーターはコンピュータ制御により自動的に木材に彫刻を施すという画期的な機械で家具業界や楽器業界の生産システムに革命を起こした。その後NCルーター専門メーカーになることを決断。NCルーターに特化し、経営資源を集中させることにより、画期的な世界最高水準の新製品を継続的に開発。これを機に世界的にもSHODAのNCルーターは高く評価され、広く使用されるようになった。そんな中、世界初の切削粉塵の出ないNCルーターPLANET BLUE(SPB1)の開発に成功。その年の林野庁長官賞を受賞するとともに、2016年には後継機のSPB5が工業デザイン賞(経産省後援)を受賞。“世界一のNCルーター・メーカーになる”を経営ビジョンに掲げ挑戦を続けている。

お問合せ・ご質問等は下記へご連絡ください

日創研鹿児島経営研究会

6月例会担当委員会  委員長
田中 稔大(有限会社 田中宝飾)

鹿児島市平之町13-31 
TEL:099-226-9583
FAX:099-226-9583