会長方針

 

2020年度日創研鹿児島経営研究会 会長方針」

日創研鹿児島経営研究会を最大限活用しよう~全会員企業の黒字実現~  

 現在の日本は人手不足に加え、働き方改革、最低賃金上昇など向き合わなければならない課題がたくさんあります。更に日韓・米中関係の悪化、次世代通信規格「5G」の導入など世界の動きが今後の中小企業にどのような影響があるか先が読めない時代でもあります。そのような激しい環境変化の中においても地域・社会のため、社員さんのために我々は自社の業績を上げ、存続していかなければなりません。

 そこで、本年度田舞本部会長が掲げた「人と企業の成功づくり」という会長方針を基に、2020年度は「鹿児島経営研究会を最大限活用しよう」をテーマに掲げ、会員企業が全社黒字となるために5つの取り組みを実践してまいります。そして、6つの委員会と事務局・監事の総勢21名で会員の皆様をサポートしてまいります。

皆様お一人おひとりが鹿児島経営研究会を最大限活用していただき、自社の業績を向上させ、会員企業100%黒字を達成させましょう。

 

  • 2020年度 全会員企業の黒字実現のための具体的取り組み

①魅力ある例会を開催しよう【目標:例会出席率90%】

 例会の出席率は会の魅力度と考えます。また、会の魅力度が高まると入会を希望にも繋がります。

委員会毎に目標とテーマを決め、それに沿った会員の業績向上に繋がる魅力ある例会を開催します。

○経営理念委員会

【目標:正会員率100%】経営理念に関する例会、全国同日例会

○経営戦略委員会

【目標:経営計画書作成率75%】経営戦略に関する例会、経営計画書発表会

○ありがとう推進・公式教材活用委員会

【目標:13の徳目朝礼導入40%】顧客満足・社員満足/育成に繋がる例会・白熱教室

○リーダーシップ委員会

【目標:社内勉強会の開催50%】リーダーシップに関する例会、フリーディスカッション例会

 ○会員拡大委員会

【目標:会員純増3名】特別講演会・オリエンテーションの実施

 ○広報委員会

【本部研修受講率50%】特別講演会・本部研修の告知

 ○事務局

【年間例会出席率90%】総会の開催

②理事会、委員会活動へ積極的に参加し、鹿児島経営研究会の活動により参画しよう

 ○委員会活動への参加

  委員会活動では、「理念と経営」を活用して委員会毎のテーマに沿った経営談義、魅力ある例会を企画・運営するための協議・討議を行います。本年度は会員の皆様が希望する委員会への配属を行いましたので委員会活動は自社の課題、学びたい事など共通のテーマを少人数かつ身近に学べる場となります。積極的に参加しましょう!!

また、本年度は各委員会に活性化担当を配置しました。活性化担当は理事会への積極参加、委員会活動への参加促進及び理事会へのオブザーブ参加の動機付けと委員長・副委員長と協力して委員会メンバーと悩みや経営について相談し合える場づくりの役割を担ってください。

 

 ○理事会への積極的なオブザーブ参加

  理事会は会の運営について知るだけでなく、会議の進め方等を学ぶことができる貴重な場です。

理事会にオブザーブ参加することでより会の良い点・課題点も見えてきます。自身の学びと会

の活性化のためにぜひ理事会へのオブザーブ参加を積極的にしましょう。

③自社の業績を向上させるために本部研修を活用しよう

 【目標:正会員率10083.3%)、本部研修受講率5036.1%)】( )内前年実績

  日創研経営研究会は可能思考研修修了後に各地で継続して学ぶ仕組みとして設立しました。

そのため、“価値観の共有”という観点において、正会員として会の事業に参加いただきたいと

思います。そこで準会員の方は本年度中にPSVまでの受講計画を立て、行動に移しましょう。

また、2019年度の当会の研修受講率は36.1%でした。激しい環境変化の中で生き残るためには学

ぶことが不可欠です。そして、全国の仲間と学ぶことで多くの情報やアドバイスも入り、業績

向上に必ず繋がります。業績向上のために本部研修を受講しましょう。

なお、本年度は会員の皆さんの学ぶ環境を整えるために『経営理念と戦略ワンポイントセミナー』のサテライトを鹿児島で開催いたします。鹿児島で研修を受講できるのはとても貴重な学びのチャンスとなります。ぜひ鹿児島経営研究会の皆様で一緒に学びましょう!!

④会の活性化と質を向上させよう【会員純増3名】

 〇会の活性化

  会が活性化するためには日創研経営研究会の考え方に共感した経営者が入会し、会員が増えて

  いくことと考えます。そのためにはお知り合いの経営者をぜひ例会・委員会活動にオブザーブ動員しましょう。そして、入会希望者に対しては、入会前に紹介者より慎重な面談を行い、日創研経営研究会の考え方、正会員の資格要件であるPSVコースまでの受講確約などを確認の上で推薦してください。そして、入会が承認された月の例会前に新入会員が早い段階で会を理解し活動できるよう新入会員オリエンテーションを実施します。

 〇会員の質の向上

「共に学び 共に栄える」という理念の基、業績に悩んでいる会員さんには業績向上のために鹿児島経営研究会として支援・協力します。そこで、業績向上の一番の近道は学ぶことと考え、本年度は業績に悩んでいる会員さん向けに研修受講支援制度を導入します。

【研修受講支援制度】※正会員に限る

 委員会内にて会社の悩みについてヒアリングを行います。そして、ヒアリング結果を基に担当

副会長が業績に悩んでいる会員さんと面談を行い、お勧めの研修を案内する。その会員さんに

研修受講支援が必要と副会長より申請があり、理事会にて審議後承認が下りた場合、その研修

を会員さんの受講申込があった時点で補助費を出す。

研修受講後(複数講議数の場合は、都度)副会長との面談を通し、研修報告を行う。

  • 補助費について

 ワンポイント研修 1万円支給 職能研修 3万円支給 

⑤本部三大事業(全国大会・経営発表大会・特別研修)へ参加しよう 

本部三大事業は全国の学び続けている仲間が集まる貴重な場、素晴らしい講師陣による講演会を通して経営のヒントも得られる場です。また、経営相談会や会員同士での経営談義の時間など参加された全ての会員にとって必ず学びになる事業ですので一緒に参加しましょう。

 2020年 5月27日(水)、28日(木) 全国大会in香川【参加目標:20名】

      9月22日(火)、23日(水) 全国経営発表大会(大阪)【参加目標:30名】

     11月  9日(月)、10日(火) 特別研修(東京)【参加目標:15名】

 ※費用補助:参加登録料、交通費の一部、全国経営発表大会財務診断費(初回発表者のみ)

 以上。